ひばり計画企画室

おむすびひばりのブログです。

『世界のキオスク文化』

ポルトガル伝統のキオスク

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514215734j:image

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514234737j:image

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514234755j:image

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514234806j:image

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514234822j:image

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514234838j:image

 

ちなみ日本でいうなら、タバコ屋さんになるのでしょうか?

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514224339j:image

 

 

以下、ウィキペディア情報。

 

●キオスクとは

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514220238p:image

 

ちなみにJRにあるのは、

 

キヨスク

f:id:hoshigaoka_shobou:20180514220509p:image

 

とりあえず、テキストにて

簡単に説明させて頂きました。

 

どうやら

『簡易休憩所』ということみたいです。

 

 

ちなみに、これらに車輪を付けたものが

『モバイルキオスク』です。

 

もちろん僕が勝手に付けた造語になります。

 

 

僕はこの『モバイルキオスク』は、

これからの社会を生きていくにあたってものすんごく未来対応したコンテンツだと感じています。

 

前にもお伝えしたように

『余っている場所』は沢山あるのです。

しかも、空き家などはどんどん増え続けています。

 

飛躍ではありますが、

これってつまり、

日本全国どこでもお店が出来るということです。

 

 

 

まるで、鳥の巣作りや方丈庵のように

ありのままにミニマムに生きていく手段と

なるのではないでしょうか。

 

 

 

 

『モバイルキオスクと街のコンシェルジュ

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180515000142j:image

 

この概念を成立させるには、

世の中を違う視点で見る必要があると感じています。

 

 

『新しいレイヤーを作って生きる』

 

この辺の話はまた後ほど。