ひばり計画企画室

おむすびひばりの企画室です。 『街と店とヒトを繋ぐ』をテーマに自作のリヤカーで福岡市中央区を中心に色んなお店と軒先きシェアをしています。

『第2回ひばり計画企画室』

ども。 

 

明日、1/14(日)に開催される『第2回ひばり計画企画室』についてのお知らせです。  

 

【テーマ】バンクシーみたいに街で面白いことって他に何が出来るかな?

【日時】1月14日(日)17時集合

 【場所】平尾『GIF』

福岡市中央区平尾1-4-7土橋ビル202薬院駅すぐ

【参加費】無料(食べ物飲み物持ち込みOK)【申込方法】Instagramおむすびひばり(@omusubihibari)へDM。当日参加でも大丈夫です。

 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180113213815j:image 

バンクシー ってどんな人?↓↓

http://writerzlab.com/banksy  

https://youtu.be/nBBe-kx_ODo 

https://youtu.be/KoGX1HwBFF8

 

 

当日は、お酒とおつまみとピザなんか用意してますのでふらりとお立ち寄り下さい。当日参加も大歓迎です。 

 

バンクシーのドキュメンタリーDVD上映もしていますので興味のある方は是非。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180113220915j:image  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

貴方ならどうする?

 

『めがね』

f:id:hoshigaoka_shobou:20180106225648j:image 

 

映画 『めがね』 より  

 

 

Mir ist bewusst was Freiheit bedeutet …
Folge dem Wege geradeaus,
meide die Tiefen des Meeres,
doch hab ich sol'ch Wort hinter mir gelassen.
Der Mond scheinet auf jedem Wege,
wie die, in der Dunkelheit, wie Diamanten schwimmenden Fische;
heiss wie durch Zufall Mensch - und hier bin ich.
Was hatt'ch zu befuechten,
mit was zu kaepfen,
bald ist es Zeit die Lasten zu legen.
Erteile mir noch mehr kraft,
Kraft zur Liebe.
Mir ist bewusst was Freiheit bedeutet,
mir ist bewusst was Freiheit bedeutet

 

何が自由か知っている
道はまっすぐあるきなさい 深い海には近づかないで
そんなあなたの言葉を置いてきた
月はどんな道にも光をそそぐ
暗闇に泳ぐ魚たちは宝石のよう
ぐうぜんニンゲンと呼ばれてここにいる私
何を恐れていたのか 何と戦ってきたのか
そろそろ持ちきれなくなった荷物をおろす頃
もっとチカラを やさしくなるためのチカラを
何が自由か知っている
何が自由か知っている

  

 

『ファンクラブ作りました』

昨日、Instagramのアカウントプロフィールを更新したので若干お気づきの方もいるかもしれませんが、この度"おむすびひばり公式ファンクラブ"を作りました。 

  

『おむすびひばり公式ファンクラブ』 

https://www.instagram.com/omusubihibari.fun/

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105114108j:image 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105114119p:image 

 

このファンクラブは、Instagramの非公開ページで運営しています。 

ファンクラブページでは、より皆さまと交流を深めるために生配信をはじめ、企てていることやマル秘情報などを提供します。 また、起業や働き方などについてもご相談受付ております。 

 

オンライン上で皆さまとインタラクティブに交流できる場所を作ったのでお気軽に遊びに来てください。 

 

公開ページでは言えない、ぶっちゃけた話や生き方について、働き方や夫婦のことお金のことなど色々な部分に触れていきたいと思います。 

 

また、頻繁にライブ配信もするので皆さんと質疑応答できればいいなと思います。 

 

これからも、誰もやったことが無いようなことにチャレンジしていくので皆さま応援宜しくお願いします!! 

 

※ファンクラブ会員登録はコチラ↓ 

おむすびひばりオンラインストア https://hibarism.base.shop  

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105120323p:image

 

『今年もおむすびひばりが見逃せない』続き

というわけで、『新しい働き方をみつける』についてお話しします。

やっぱり"日本一面白いおむすび屋さん"になる為に、リヤカー小商いの他にも色々面白いことにチャレンジしていこうと思いました。

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105102614j:image

『旅するおむすびプロジェクト』

 

これは何かというと、
"呼んでくれたアナタのもとへ出張します"といったものです。   

  

料金は、『185円』で、 

『18(ひばり)の5円(御縁)でどこまで皆さんと繋がることができるのか?』という意味の企画です。   

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105110622p:image

 基本的に、皆さんと一緒になっておむすびを作ったりしてワイワイしたいと思っていますが、使い方は皆さん次第で結構です。  

f:id:hoshigaoka_shobou:20180105110720j:image

 ご自宅やお店、会社など呼ばれたら何処でも行きます。 

ご自宅なら、パーティーの用意だったり。お店なら、おむすび担当として従事したり。(接客も皿洗いもやります!)などなど。本当に自由で大丈夫です。 

 

ただし、この企画を面白いものにするかしないかは皆さんの手にもかかっていますので、そこのところ宜しくお願いします。  

 

皆さまの面白いご依頼お待ちしてます。

 

詳しい内容は、おむすびひばりオンラインストアhttps://hibarism.base.shop)を参考にして下さい。

  

※購入された方は、依頼内容をInstagram『おむすびひばり』のページへDMお願いします。

 

 

 

『今年もおむすびひばりが見逃せない!!』

2018年がやってきました。 

皆さま本年もお付き合いどうぞ宜しくお願いします。

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104221010j:image   

 

さて、僕たち"おむすびひばり"の今年の目標は、『挑戦』『革新』の2つに決定しました。 (僕ら個人の目標は、『おもろい』『正直』)  

 

要するに、 

『おむすび以外の商品を作る』 

『新しい働き方をみつける』

ということです。  

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104223119j:image  

 

まず、『おむすび以外の商品を作る』ですが、これは年末から僕がしつこく言っていた"軒先きリヤカー研究所"を始動したいと思います。 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104223318j:image 

まだまだ、企画の段階ですが面白いことになるのではないかと思っています。  

どんな内容かというと、 

『誰でも街中で小商い体験が出来る』 

要するに、お客様に移動型の小さなお店(ここで言うリヤカー)のレンタル、もしくはリヤカーのデザインや製造、DIYサポートするといったことをしていきたいと思っています。 

つまり、僕ら"おむすびひばり"が軒先きでやっているようなことを誰でも低予算で出来るようにお手伝いをしたいということです。  

 

僕らがリヤカーでの小商いを広める目的ですが、2つあります。 

ひとつ目は、『軒先きスペースを活用して面白い場所を新たに作る』ということです。 

小学校の帰り道、曲がり角の向こうにワクワクしていたように、角を曲がった先に不思議な空間があったら面白いと僕は思っています。これまで僕らがやってきたように、軒先きシェアとリヤカーで面白い空間を作っていきたいです。

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104225523j:image 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104230143j:image  

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104230336j:image 

f:id:hoshigaoka_shobou:20180104230452j:image 

さらに別を言えば、"街全体を一つのモールにしてしまっちゃおうよ"ってことです。お店構えるには、お金が気になって楽しめない部分もあるし、街中は規制、規制と息苦しいです。(公園のベンチがホームレス対策で昼寝出来ないのって何なの?)ここは一つ、お店の方に軒先きスペースを提供してもらって、僕らで勝手に街を作っちゃいましょう。  

 

あと、もうひとつ。『もったいないお店をさりげなくアピールする』ということです。これはちょっとお節介ですが、物もしくはサービスはいいのに立地が悪かったり店主の発信力が無かったばかりに残念な感じになっているお店の価値を軒先きシェアで見出すということです。例えば、自分の友達がお店をやっていたとします。すごくクオリティの高いものを提供しているのになかなかお客さんが来ない。そんな時に"軒先きリヤカー"です。軒先きスペースを活用することで話題づくりにもなりますし、SNSでの拡散力も倍になります。つまり、これからは軒先きスペースを解放してお店と軒先きリヤカーが共存するコミュニティを形成することが新しい価値を生み出すことに繋がるのではないのかと、とってもとってもお節介に思っています。 

 

この『軒先きリヤカー研究所』を実現するには、軒先きオーナー様のご理解とリヤカー小商いを始めたという方々の協力が必要です。

 

ちょっと長くなりましたが、これから『軒先きリヤカー研究所』について追って報告していきますので要チェックでお願いします。 

 

今年の目標二つ目の『新しい働き方をみつける』については、次の記事でお話します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ありがとう!2017年!!』

いよいよ、2017年も今日で終わりです。 

 

毎年、この日になると「あれやっとけばよかったなー」とか思うのですが、今年はなんだかスッキリした気持ちでいます。   

 

きっとなんだかんだで、色々納得いったのでしょうね。引き続き、甘んずることなく気を引き締めて参りたいと思います。   

 

  2017年は、色々な人との出会いがありました。僕たちのことを受け入れてくれた皆さんには感謝してもしきれないです。皆さまありがとうございます!!!! 

   

それでは、除夜の鐘を鳴らしに行ってきます!! 

 

 

2017年、ありがとう!! 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171231234104j:image

 

 

『雨ニモマケズ』

まだ2日ありますけど、振り返れば2017年はもちろん挑戦だったし、細部まで練り上げた計画も実現できたから自信がついた。 

表向きには分からないだろうけど、行動一つに理由をつけて点と点を繋いできた。止まっている石を転がすことは大変だけど、勉強になった。 

 

資本という力でしか、石を転がすことを教えてくれない世の中だけど、 

だからこそ、資本の力には頼らないことにした。 

重くて動かない石をどう動かすのか?  

試されているようで面白かった。 

甘い誘いには乗らなかった。  

f:id:hoshigaoka_shobou:20171230143316j:image

僕はある時、気づいた。 

そもそも、皆んな"石を押す前にあきらめている"ことを。 

そして、僕もそうだった。 

 

勇気を出して押してみたらビックリ。 

なんと、発泡スチロールで出来た軽い石だった。  

 

『なんじゃい』

 

固くて頑丈な石じゃなくて、ゴムボールみたいな弾力のあるものだったらもっといいよね。  

 

そのゴムボールで皆んなで遊んじゃったら尚のこと面白いじゃん。

f:id:hoshigaoka_shobou:20171230143438j:image 

 これからも、アイデアとコンテンツを駆使して、面白いを創造していきたいと思います。  

 

シンプルに、

 

『面白いことにしか僕たちは応答しない』 

 

ただ、それだけです。 

 

2018年、楽しみだな。 

  

 

 

 

 

 

雨ニモマケズ』 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171230143602j:image  

https://m.youtube.com/watch?v=nd7miX4Taus 

 

 

 

お前の鳴らしたバスの三連音が果たしてどんな風になっていたか おそらくお前はわかっていまい その純朴さ巧みに満ちた音の楽しさはまさしく俺を草葉のようにふるわせた お前がその音の特性や無数の立派な順列をはっきり知って いつでも使えるのならば お前は辛くてそして美しい天の仕事もするだろう

だがちょうど今頃お前の年頃でお前ほどの素質と力を持っているものは 町と村との一万人の中にならおそらく五人はあるだろう それらの人またどの人どの人も五年の間にそれをなくすのだ 仕事のために削られたり 自分でそれをなくすのだ 今のお前の力が鈍り綺麗な音が正しい調子とその明るさを失って 再び回復することがないのならば 俺はもうお前を見ない なぜなら俺は少しくらいの仕事ができて それに腰掛けているような そんな大勢を一番嫌に思うからだ 今の俺の力が鈍ったらいつでも俺を見なくても結構だ 

お前が一人の女を思うようになるそのとき お前が一人の男を思うようになるそのとき お前が生きるとは、死ぬとは、立ち上がるとは、 掴むとは、潜るとは、浸る(ひたる)とは、何か それを考えるようになるその時 お前の前に無数の影と光の像が現れる お前はそれを音にするのだ みんなが一日町で暮らしたり一日遊んでいる時 おまえは一人でさみしくあの石原の草を刈る そのさみしさでお前は音を創るのだ 多くの侮辱や窮乏を噛んで歌うのだ 沈黙をすることを恐れずに歌うのだ

  

宮沢賢治春と修羅『告別』)