ひばり計画企画室

おむすびひばりの企画室です。 『街と店とヒトを繋ぐ』をテーマに自作のリヤカーで福岡市中央区を中心に色んなお店と軒先きシェアをしています。

『第一回ひばり計画企画室レポート』

 


お久しぶりでございます!


 

 

 

いやー、すっかり寒くなってきましたね!


 

 

リヤカー稼業始めて初の寒さでございます。


 

 

人間の活動というものは面白くて、「寒いなぁ」と感じはじめてから人の動きが如実に減ってきております。


 

 

 

人間も他の生き物と同じなんだなぁと実感するとともに、こんにゃろー!とも思っております。


 

 

 

しかし、これも経験と勉強になります。

 

 

リヤカースタイルを広げたい僕たちにとって、良いも悪いも血となり肉となるのです。

 

 

 

『万物は流転である』



 

 

故に、全てを受け入れていくつもりです。



 

まだまだ、小手先調べが続いているだけでございます。

 

 

 

 

僕たちが見据えている景色を少しずつ皆さまにお見せしていきたいと思います。

 

 

  

 

 

 

 


さて、第一回ひばり計画企画室の振り返りレポートを。


 

 

 

イベント開催一週間前の告知にもかかわらず、満員のお集まり頂きました。


 

 

参加者の皆さま、Gakubuchiのスタッフの皆さま本当にありがとうございました。


 

 

第一回目ということだったので、あまり深く掘り下げたテーマにはせず、リヤカーなどについて興味のある方に向けてといった内容でしたが、


 

 

 

『田舎の過疎地に来て盛り上げてほしい』

 

『商店街と連携してみてはどうだろう』


 

 

などといったアイデアも出てきたりと活用方法まで話は展開していきました。

 

 

 

 

残念ながら、時間の都合もあって話は途中で終わってしまったのですが


 

 

 

色々な意見を聞くことができた有意義な時間でした。



 

 

来月も第二回を企画したいと思っております。


 

今度は、おむすびWSはなく『ミールシェア』でもやろうかと。


 

 

 

とりあえず、一旦ここまで。 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171118105304p:image

『第一回ひばり計画企画室 in B&C Gakubuchi』

 

久しぶりに更新します。


 

 

 

皆さまお元気でしたか?

 

 

 

 

 

太陽が僕たちを焼き焦がさんばかりに照りつけていた夏もようやく終わり、

 

 

 

アスファルトに落ちた葉っぱもすっかり色づいてまいりました。

 


 

 

そして、皆さまのおかげで僕たちも随分成長させて頂きました。


 

 

 

いつも僕たちを探して見つけくれて、画面や誌面の向こう側にその続きがあると信じて期待と勇気を持って、


 

 

時間を割いて僕たちのところに、足を運んでくれた皆さまに心から感謝致します。

 


 

 

 

さて、11月6日(月)『B&C Gakubuchi』さんにて、


 

 

 

記念すべき第一回目の

『ひばり計画企画室』が開催されます。

 

 

 

以前、このブログのなかでお伝えしたように、

 

 

 

『旅する映画館』の開催に向けて、皆さまとディスカッションしながら楽しく準備を進めてまいりたいと思います。


 

 

 

とりあえず、

 

 

 

 

第一回目は、まず僕たちの活動に対しての疑問や質問などについてお答えしながら、


 

 

僕たちの事をどんなもんかということを皆さんに知ってもらえたらいいなと思っています。

 


 

 

 

リヤカーや軒先きシェア、小商い、面白い事などに興味のある方は是非ご参加くださいませ。



この、ひばり計画企画室を通じて皆さまとお互いに成長し合えればいいなと思います。
 

 

とりあえず、現時点で『旅する映画館』について決まっていることですが、

 

 

 

 

僕たち、福岡『おむすび ひばり』と

札幌『菓子行商 gaburi』(Instagram@gaburi.gyosho)さんとの合作で、


 

 

札幌、福岡の二箇所同時上映開催を予定しています。

 

 

 

その他、僕たちひばりサイドは、


 

 

 

ひばり2号(三輪車タイプ)の製作や、

 

新しい軒先きシェアの場所、

 

動画マガジンの配信など予定しています。


 

皆さまと面白く作戦会議しながら


 

 

『旅する映画館』を実現できればいいなと思います。



 

 

 

 

 

 

 

もう一度イベント情報についておさらい↓

 

【第一回ひばり計画企画室in B&C Gakubuchi 】

 

 

【内容 】もっちり玄米の炊き方講座+たかちゃん(Gakubuchiシェフ)の味噌汁とおばんざい講座+ひばり計画企画室 (乾杯からスタートして飲みながらゆるーい感じでやります)

 

 

 

【日時 】11月6日(月)18:00-21:00すぎ


 

 

【場所 】 B&C Gakubuchi
http://bnc-gakubuchi.jp/


 

 

【料金】 おひとり 2,000円+1DO (20時以降の参加は1,000円+1DO)

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171030170837j:image  

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171030170847j:image 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171030170916j:image  

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171030170929j:image

 

 

 

 

『旅する映画館』経過報告1

『旅する映画館』 

 

超水面下で超ゆっくりと進めています。  

 

とりあえず、今回僕たちと一緒に映画を作ることになりました方と先日、ビデオ通話で話し合いをしました。(大した内容ではないけど大事よ大事!) 

 

話をしてて、路上でリヤカーで商売する者同士、考えたり思うことは一緒だなぁと思ったりすることもありました。 

 

やっぱり、この映画作りで全国に散らばるリヤカーやってる人たちと繋がりが持てて、色々な話や情報が共有できる仲間作りのきっかけになればいいなという気持ちが強くなりました。 

 

もちろん、これから始めようって人も全然オッケー。 

 

僕(私)も、気になるけどそこまでは出来ないから何か出来る範囲で参加したいって人もオッケー。 

 

 

色々な人たちと関わって作っていけたらいいなと思います。 

 

 

映画の内容は、 

 

 

ドキュメンタリーな感じにしたいと思っています。 

 

撮影は、各自でやる予定。

 

機材は、i phoneで、僕はスタビライザーを使って撮ります。 

 

これから、イベントも沢山ありますし、 

 

料理教室やったり、色々なことに挑戦しようと思うので、それも記録していければと思います。 

 

 

【お知らせ】

 

  

『軒先きシェア』にご協力してもらえる方随時募集中です。 

 

六本松からリヤカーで行ける範囲(この前、冷泉公園まで行きました)でお願いします。 

 

映画の撮影も許可してもらえる方でお願いします。 

 

 何か質問がありましたら、Instagram(@omusubihibari)へDMよろしくお願い致します。 

 

おむすびひばり 永野

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20171009183111j:image 

↑色々な方が集まって楽しいです。小さなリヤカーなので設置スペースは一坪あればオッケーです。

 

 

 

 

 

 

 

『越冬』

 

 

 

 

冬はやってくる。

 


 

 

当たり前だけれど。

 

 

 

 

だけど僕たちにとっては違う意味を持つ。

 


 

 

 

『おむすびひばり』にとって初めての冬。


 

 

 

北国のように、厳しい寒さと雪がやってくる訳ではないけど、



 

何も対策を取らずに、何食わぬ顔をして迎えられるとは思っちゃいない。



 

 

 

北国の人が持つ『越冬』という習慣を持ち合わせていない僕たちは、路上を生業にすることによって初めて

 

真正面から意識するようになった。

 

 

 

別に命まで取られる訳ではないけれど、死活問題だ。



 

 

おそらく、一年一年。



 

 

あーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら工夫して迎えていくことになるのであろう。



 

 

そして工夫を凝らし乗り越えて、カタチとなって蓄積された経験は



 

雪国の人たちの厳しい環境から生まれた知識や技術、産業のように



 

 

 

『生き抜く力』となって、僕たちを支えてくれると信じたい。



 

 

 

僕たちには、雪国や北欧の人々のような勤勉さは無いけれど、



 

 

 

そんな状況ですら、面白く楽しく、アイデアで『越冬』したいと思う。  

 

  

 

 

 f:id:hoshigaoka_shobou:20171002103855j:image

 

 

 

『エコモビリティ』

とある場所では、僕たちのようなリヤカーのことをこう呼ぶらしい。

 

 

なんと、シャレオツな名前だ。

 

 

僕たちも、あの『ひばり号』をリヤカーと呼ぶことに、

 

中洲の『屋台』を連想させてしまいそうで違う呼び方を考えていたのだが、

 

ここは、思いっきりパクらせて頂く。

 

 

 

 

ウチの『ひばり号』はエコモビリティです。


 

 

しかし、考えてみれば本当にエコである。

 

人力だから二酸化炭素は僕の分しか出ない(二酸化炭素は生物の形成する炭素の素になるので無くなると植物は光合成出来ないので、絶対悪な物ではないと思っている)し、コンパクトだから資源の無駄遣いをしなくて済む。

 

 

また、車で移動販売をしている方と僕たちは別の業種だと思っていて、出来るだけ違う部類として存在したかったから、


こちらからカテゴリーをいちいち区切ることなく、

 

『エコ』が付くことで、それも解消できる。

 

なんと素晴らしいネーミングなんだと気にいっています。(勝手に)


ここで、僕たちの考える『エコモビリティ』の活用方法をお伝えしよう。


 

 

 

 

 

まずは、商店街。


 

シャッター問題で、空き店舗のシャッターを開けたいと言ってはいるが、組合には結構頭の固い方々が多いので若い人たちが面白いことをしようとしても、

抵抗されることがあったりするのも事実。


良い悪いの話は面倒臭いからスルーして、

 

とにかく商店街に人の流れが欲しい。

 


と、あれば『エコモビリティ』の活用が期待できる。



商店街の空間を一時的に利用するだけなので、組合の方々も若い人の面白いことをその期間だけは見守ってくれると思う。


 

 

『お!意外と面白いやないか!』


 

なんで、気にいってもらえれば実店舗の開店も夢ではないだろう。

 

ただし、『エコモビリティ』が一台だけではちょっと寂しいから、数台で組んで勢いよく盛り上げたい。

 

また、夜は店の閉まったシャッターにプロジェクターで映像を映したりしてイベント化しちゃうのも面白いと思う。


 

『エコモビリティ』をやってる方の生き方自体が面白いので、日々の取り組みをメディア化するだけでも作品になると思う。


日々の取り組みを無駄なく活用しよう。『エコモビリティ』は僕たちに対してもエコである。 きっと。


 

 

 

ちなみに『旅する映画館』は商店街でもやるつもりです。



 

 

 

次ぎに、『痴漢問題』

あ、違う。『暗い夜道』だ。


 

たまに、ニュースなどで目にする女性を狙った犯罪で


人通りが少ない夜道を歩いていたところ、後ろから知らない男性に襲われ…

みたいなやつ。

 

 

 

 

あれは、悪質ですよ。



 

 

なんか警察は護身術とかを教えたりして、自らの身を守りましょう!

 

なんて、やってたりするけど実際には怖くて身体が動けず対処出来ないんじゃないかなと思うし、


 

警察官自身は防刃チョッキ着て、警棒もって銃を腰に付けてるじゃないかと言いたくもなる。


 

とにかく、護身術なんてちっともあてにならない。

 

 

 

 

 

そもそも、その道が悪い。

 

 

 

 

 

 

 

暗くて、人通りもなく、車も通らない。


 

 

 

 

 

そんな道を放っていることが問題だ。


そこで、登場するのが『パトカー』ではなく、


『エコモビリティ』(完全にパクっている)


暗い夜道を賑やかなエコモビリティで埋めてしまおう。ってことです。



基本的に道路を使用するのは禁止 。


通行の邪魔になって危険だから。



だけど、そもそもその道は人も車も通らない。


今のままの方がかえって危険だという状態。


だったら、僕たちで賑やかにしちゃった方が、人は増えるし賑やかになって


そんな悲しい事件は減るんじゃないの?


ってことです。



これには、市とか警察とかの協力が必要だろうけど、


三方良しの関係になっているし


困る人はいるのだろうか。

 

リヤカーマンは常に場所を求めているので、僕たちにとってもありがたい。

こうした問題は、皆んなで考えて取り組まないと駄目だから、僕たちは面白く楽しく解決したいと思っています。

 

そして、駅前を大手コーヒーチェーンばかりにしたり、古い建物を壊してパーキングエリアにするような取り組みは止めて、


みんなにとってありがたい街づくりをお願いしたいと思います。



また、面白い活用方法考えついたら書きますね。

 

 

 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20170930110558j:image 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20170930110544j:image 

 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20170930110603j:image 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20170930110507j:image 

 

  

『おむすび教室』

『おむすび教室』始めます。

 

前にお話した、『信用を数値化する装置』として稼働しようと思います。 

 

ちょっと聞こえは悪いですが、これから信用経済(分からない人はgoogleで検索!)が来るぞ来るぞ!とまるで波が襲ってくるがの如く言われているので、僕たちも乗り損ねないように今のうちから準備しておきたいと思います。 

 

僕たちの言う『信用を数値化する』とは最近、ミュージシャンが新曲を出したら必ずyoutubeにPVをアップするアレだと思って下さい。 

 

まず、どんなもんかを無料提供して知ってもらう。  

 

んで、本当にいいなと思ったらお金を出して買って下さい。ということ。  

 

 

やっぱり中身を確認して納得してから買いたいという人は多いです。 

 

なので僕たちも人数限定で『無料』で 

 

『おむすび教室』をします。 

 

 

内容は、お店で提供しているものと全く同じレシピを教えます。  

 

『そんなことしたらお客さんが来なくなるよ!』 

 

と思われるかも知れませんがどうでしょうか? 

 

例えば、お店の劣化版のレシピを教えて、お客様がその『劣化版』のおむすびを他の人に食べさせたとします。 

 

『ひばりさんに習ったの! 』

 

といって、貰った人が期待して食べたけど 

 

『ん?あんまり大したことないな』 

 

こんなことになるくらいならやらない方がマシです。 

 

僕は、お客様が多くの方々に自信をもって『ひばりのおむすび』を作って食べさせてあげられるように真摯に教えたいと思います。 

 

結果、食べて感激してくれた方(居てくれることを願う)が僕らも正しく評価してくれると信じています。 

  

こんな感じで、信用の連鎖が広がればいいなと思います。 

 

どうか、僕たちの『おむすび教室』を前向きに解釈して、より多くの方々を喜ばせたいと思う方が集まってくれることを願っています。 

 

11月あたりから始められたらいいなと思っています。 

 

詳しくは、Instagramで告知するのでそちらでチェックされて下さい。 

 

『おむすび教室』のプロジェクトは 

 

『旅する映画館』にも収めたいと思っています。余談ですが。 

 

 f:id:hoshigaoka_shobou:20170929202138j:image

 

 

 

『旅する映画館』始まります。

『旅する映画館』

 

 

 

前回。突然の呼びかけにも関わらず早速エントリー頂いております。

 

 

まだまだ、何も始まっていないので確かな事は言えませんが、


めっちゃ楽しい事になりそうです!


 

 

 

 

といことで、


 

 

『旅する映画館』


 

 

企画、スタートします。 

 

 

f:id:hoshigaoka_shobou:20170926232504j:image 

 

※イメージ画像です